現在日本ではSUVが人気です。
国産車メーカーはもちろん、海外自動車メーカーも積極的に日本市場に注目車種を投入しています。
そんな中でスバルはこうした車種を積極的に展開しており、中でもXVはコストパフォーマンスに優れており、スタイリッシュなルックスも合わせて人気の一台です。

スバルは長年「四輪駆動車」を積極的に研究し、モータースポーツのような極限での性能が求められる舞台から、より身近な性能、生産体制・コストダウンに至るまで磨きあげてきた独自のノウハウがあり、こうした車に対する強い拘りをもっています。
そして四輪駆動のメリットを存分に感じることが出来るSUVの分野では、他社にくらべても一段と力を入れて取り組んでいるようです。
参考記事→スバル XV

インプレッサをベースにする事で、適切なパッケージングとコストパフォーマンスを実現すると共に、スバルグローバルプラットフォームを引き継ぐ事で、軽快な運動性と車両強度を持ち合わせています。
エンジンはインプレッサと同様の1.6リッターと2リッターの2種類であり、エンジン出力としてはそれほど秀でているわけではありません。
しかしボクサーエンジンのメリットである重心を低くできる点と、独自の四輪駆動制御システムでエンジンの持てる性能を最大限に活かす事が出来るため走りは軽快そのもので、燃費にも優れています。

関連記事

    None Found