保湿化粧品の選び方とスキンケアの基礎ガイド

001

 

保湿化粧品とは、保湿成分がメインに配合されている化粧品です。
CMや広告に左右されずに優れた保湿化粧品を選ぶのは
意外に難しいと思います。

各化粧品メーカーの宣伝では、保湿成分のヒアルロン酸やコラーゲンを
高濃度に配合していることを声高に謳っていますから
化粧品の選択基準がヒアルロン酸やコラーゲンだけになっている方が
多いのではないでしょうか。

しかし忘れてはいけないのは、お肌の保湿を考えるためには
直接的な保湿成分が配合されているだけではなく
潤いを逃がさずにキープする成分が大事だということです。
その成分が高濃度に配合されているかどうかに着目しなければいけません。

潤いキープ成分として注目を集めているのは、セラミドです。
セラミドとは細胞間脂質のことで、加齢とともに減少する性質があります。

お肌に十分なセラミドを保つためには、外から補う必要があるわけですが
サプリメントで補うよりセラミド配合化粧品で補う方が効率的だと言われています。

以上のことを踏まえて化粧品選びを考えると
オススメの保湿化粧品はヒアルロン酸とコラーゲンとエラスチンを含み
さらにアミノ酸とセラミドを高配合している化粧品ということになりますね。

保湿化粧品を使用する際には、基礎化粧品の順番を間違えないようにしましょう。
正しい順番は、洗顔後にまず化粧水でたっぷりと水分をお肌に含ませてから
美容液としてこの保湿化粧品を使って、その後に乳液やクリームをつけます。

保湿は美肌の基本ですから、正しい知識をもってスキンケアしたいものですね。